アプリ開発

スマートフォンの普及と共に賑いを見せているアプリ市場。アプリの種類は豊富にあり、どれも便利なものばかりです。 最近は、アプリを活用して授業をする学校も増えており、中には障害者を支援するアプリである障害者アプリを利用する特別支援学校もあります。 障害者アプリを筆頭に、これからもより便利なアプリが世に出てくることが期待されます。

アプリで何らかのプロモーションをしたいと考えている方も多いでしょう。 プロモーションをしたいと考えた時、iOSとAndroid、どちらでアプリを作ればいいか迷ってしまいませんか? 両方で作るのがベストかもしれませんが、両方で作るとなると、どうしてもそれなりのコストがかかってしまいます。 そこで、ここではiOSでアプリを作るメリットを紹介していきたいと思います。

ユーザーのアプリ利用率が高い

これは起動率から見られる傾向なのですが、有料アプリのダウンロード数はAndroidよりもiOSの方が高くなっています。 なので、より売上が見込めるのはiOSの方だといえるでしょう。 iOSの方がアプリ利用率が高い理由として、AppleIDでの決済のしやすさなどが考えられます。

プロモーションがしやすい

メディアで取り上げられやすいのはiOSのアプリの方が圧倒的に多くなっています。 あなたもテレビや雑誌などでiOSのアプリの話題を目にしたことがあるのではないでしょうか? プロモーションがしやすいということは、より多くの方に目に止まってもらえる機会が多いということです。

検証端末が少ない

Androidを搭載した機種は数多くありますが、iOSを搭載した端末はAppleから販売されているiPhone、iPadに限られます。 iPhone、iPadに限られるということは、検証端末が少ないということです。 それだけ開発コストの削減が見込めます。

 

以上がiOSでアプリを作るメリットになります。 これらのメリットを知れば、iOSとAndroid、どちらでアプリを作ればいいかの答えがすぐに出るのではないでしょうか?